安城市 パチンコ

安城市 パチンコ

隣に座るので、寄りかかっていて下さい」「うん」窓の向こうで、オリーブの木が揺れている

もしかしたら違う名前の木なのかもしれないけれど、よく似た配色だ

紫色の小さな花を沢山つけた、紫陽花に似た花、淡い水色の繁みになっているカモミールのような花

肩口にディノの体温を感じながら、そんな景色を見ている

(エーダリア様達が、早く戻って来てくれるといいのだけれど……………)そんな事を考えていると、ディノがこちらを見る

「……君は、可哀想なものが好きなのかい?」「なにゆえ?!私は、そんな残虐ではありませんよ!」「すごく優しいから、……………かな」「傷付いているひとには、優しくしようと思います

でも、私は博愛主義ではないので、知り合いだけに適用となりますが…」また頭をぐりぐり押し付けてきたので、丁寧に撫でてやる

あなたも好きかも:ニンジャガイデン スロット フリーズ 確率
頬に手を添えれば、ぴったりと擦り寄られた

その不憫さが愛おしくなってしまい、ネアは少しだけ動揺した

あなたも好きかも:パチンコ 働く 口コミ
その時だ

バタバタと足音が聞こえ、待っていた声がこちらに届く

「ネア、魔物が怪我をしたそうだな?!」魔術の道を使ったのだろう、誰かが屋敷に入ってくる音はしなかったのに、忽然と部屋に現れたエーダリアが、ケープを翻して部屋の扉を開ける

ディノが怪我をしたと聞き余程驚いたのか、銀糸の髪が少し乱れていた

ほっとして立ち上がったネアに、鳶色の瞳が少し緩む

「エーダリア様!こんなにすぐに呼び戻してしまい、申し訳ありませんでした

ですが、ディノの傷を診てあげてくれませんか?私は魔物の怪我に無知なんです」「自己修復も出来いのだな

すぐに診てみよう……………」「……ネアは、大丈夫?」続けて扉を潜ったゼノーシュが、心配そうにネアを見上げる

少年の姿で擬態を重ねており、大変可愛らしい

「黒煙の魔物さんが誤解の末に暴走したのです