ゴッドイーター アラガミ スロット 設置店

ゴッドイーター アラガミ スロット 設置店

そして、"存在を認められる喜び"を知ってしまった世界が、そうやって人を蔑ろにしても良いのかな?

特に私は、もしかしたらこの国の"王"となるかもしれない男と、今は縁付いている

お前という絵本を永遠に"絵本"という形から、解放しなく出来るような力を持った男に、お前をこの世界から消すように唆すこともできる』――――ある意味で、この絵本となっている存在に"カマ"をかけた

そして見事に、"絵本"は引っ掛かってくれる

あなたも好きかも:うみうみカジノ
グロリオーサという人の記憶や魔力にも繋がる力を全く吸いとらなかったのは、彼という人が"完璧に絵本という存在を葬り去る力持っている"という可能性があったから

あなたも好きかも:パチスロ ゲーセン 関東
少しでも危害を加え、グロリオーサが気分を害し、今は"魔力や記憶を吸いとる古くて立派な絵本"としてでしか、存在できない自分を完璧に世界を抹消する力を持つ存在に、興味も嫌悪も持たれぬように絵本はしてきた

幸いにも《仲間に入ってくれた神父の家族の形見》という立場を手にいれて、その存在を粗末にされる恐れは絵本にはなかった

しかし、今は賢者が嗤いながら、"居場所"を危うくしようともする発言を聞いて、絵本は黒い靄(もや)が溢れ出して賢者を"威嚇"した

だが、賢者は嗤ったままで絵本を挑発して、唆す

あなたも好きかも:バーチャ パチスロ
『認められて、覚えて貰っていることで"存在"する世界―――いや、"神様"

かつての契約した"旅人"となった賢者と同じように、私も貴方に取って置きの情報を囁こう

貴方がこの世界に閉じ込められた"主"と"妻"に出会う偶然(チャンス)を握るのは、やはり"賢者"だ

ただ、恐らくはその賢者が誕生する為には、この"国"の状態は剣呑だ

とりあえず平定し、安寧した土地になら、お前が"居場所"を譲ってまで会いたくて堪らない"主"と"妻"に見(まみ)える時間はぐっと短くなるだろう』様々な"旅人"の話を思い出しながら、勘繰りの"カマ"かけとなるが上手くいったらしかった

(―――最大限に、利用させてもらおうか"高所の王様")ピーンにとっての"最優先"は、この領地と大切と思える人を守る事だけ

そして、そこにカリスマを誇るグロリオーサという"親友"が加わった

ただ、彼という存在はもう"国の王"としてでしか、相応しい居場所がない

―――だったら、居場所を友として用意しよう