パチンコ 宇宙戦艦ヤマト セグ

パチンコ 宇宙戦艦ヤマト セグ

過去から決まっていた責務が……いや、こんな言い方は身勝手すぎるかな

でも、それを僕の身勝手だなんて優しふりをするのは、もっともっと卑怯な気もした

「……いいんだ、これで」 僕は間違ったことはしていない

星見で視た未来はまだ動かない

あなたも好きかも:パチンコ 規制 確率
このままではまだ、彼女が壊れてしまう

だから……僕はどうしても彼を呼び起こさなければならない

そして、今度こそしっかり、最後まで……「……………………さて

公務は終わり

あなたも好きかも:スロット 花火 ジロウ
むふっ…………むふふ…………」 ぱん

と、両手のひらで頰を打って、僕はスイッチを切り替える

あなたも好きかも:パチンコ 権利 物
この為に……この瞬間の為に僕はユーリを説得してこの部屋を選んだんだ

この……ミラちゃんの隣の部屋を……ぐふふ…………ぐふふふ…………「じゅる…………今朝はなかなか大変なカウンターを貰ってしまったからね……こうしてしっかりイメージトレーニングから…………」 壁に耳ありマーリンさんあり

金属製の筒を壁に押し当てて僕はミラちゃんの生活音をいただくことにした

ふふ…………ふふふふふ…………対策をしっかり練る為には、情報収集からしっかりと

これは決してやましいことでは無い

やましいことでは、なぁい

あくまでも彼女の為、ミラちゃんの笑顔の為の…………「…………がちゃ?」 はて、こんな夜更けにどこへ? 負けず嫌いみたいだし、隠れて特訓とかかな

結構強く言い過ぎちゃたかなぁ

でも、ああでも言わないと気付かないだろうし……っと、いけないいけない