パチンコ 冬のソナタ ファイナル

パチンコ 冬のソナタ ファイナル

 人の良い笑顔と、親しみやすい態度

 私には、あまりにも眩しい存在

「お客様がみえてますが」「え、僕に?」「こんにちは

あなたも好きかも:花の慶治 スロット
これもお願い」 彼の目の前に積まれるDD

 その肩に触れて明るく微笑んだのは、シャギーの入った髪型の綺麗な女性

 胸元のIDには、局長の文字が見て取れる

「急ぎなんだけど、頼める?企業からもらった物の余剰分」「データだけ、彼女達に送りますね

具体的な指示は」「各局に、バランス良く振り分けて

勿論、連合に優先権があると考えていいわ」「助かります

あなたも好きかも:谷川弥一 カジノ
こっちが終わったら、すぐ取り掛かりますね」 誰だかは知らないが、相手は生徒会の幹部

 そんな人から仕事を頼まれるような人であり、しかし今の仕事より大切なそちらを先に処理しようとはしない

「それは、あなたの判断で

じゃ、お願いね」「分かりました」「あー、忙しい」 バタバタと足音を立ててオフィスを出て行く女性

あなたも好きかも:ガンダム パチンコ マックス
 男の子はDDをウェストポーチにしまい、卓上端末へと向き直った

「あ、あの

仕事は」「済みません

すぐ終わらせますから」「そ、その

今頼まれた分は?」「他の人も手伝ってくれますから

僕の今の仕事は、この書類を片付ける事ですし」 疑問の余地もないといった口調