マクロス パチンコ 234

マクロス パチンコ 234

「どこに行ってたんだー!!」という相川の怒鳴り声にビクッ! と肩を震わせ、反町の手をギュッと掴んだ

あなたも好きかも:魁 男塾 パチンコ 保留
みんなが、少し離れたところで立ち止まった二人を振り返って川の中から大きく手を振っている

「おまえらも水着に着替えてきたらエエねん! むっちゃ気持ちエエぞーっ!」 大介が楽しそうに声を掛けるが、反町は苦笑して首を振った

「そこで遊ぶより優樹と一緒にいる方がいい!」「誰かあいつを溺死させろっ!!」と、相川が怒り顔で反町を指差す

 みんなに水を浴びせられ、すっかりびしょ濡れになった生美は、遠目から二人の手元に光る物を捉えて少し笑みを溢し、スィー……と、川の水面を気持ちよさげに泳いだ

そのあとをすぐに洋一が泳いで追い掛ける

更にそのあとを双葉が追い掛けるという奇妙な状況だが、そんなことを気にすることなく反町は彼らを見回し、ビーチボールを一平に投げ渡す立花に目を留めた

あなたも好きかも:パチンコ 123 の 日
「……立花! ちょっと来てくれ!!」 呼ばれた立花は「?」と振り返り、水に足を囚われながらもゆっくりと川から上がって、途中でサンダルを履いてやってきた

あなたも好きかも:スロット 台車
 水を滴らせ、髪の毛を掻き上げながら二人の前で止まった彼に、優樹はサッと視線を逸らした

――ただでさえ反町の裸も見ることが出来なかった

洋服を着ていないだけだが、どうも抵抗があって恥ずかしい

異性の裸というものに免疫がなさ過ぎる、というのも一つの原因なのだろうが

 恥ずかしそうに視線をウロウロと足下へ向ける優樹には気付かず、立花は反町に首を傾げた