スロット 聖闘士星矢 スペシャル 朝一

スロット 聖闘士星矢 スペシャル 朝一

アニメのビッグウエスト『マクロス7』の主人公である熱気バサラの「戦争なんてくだらないぜ、俺の歌を聴けぇ!!」というロックな立ち振る舞いが代表例です

 ひとつの物語で一つの形式だけがとられることは稀です

たいていの物語は「俺が俺が」と「なんで俺が」の組み合わせで出来ています

 一方的な展開ではわかりやすすぎるのです

あなたも好きかも:スロット 規定ゲーム数とは
組み合わせることで物語に多様な面が生じて奥深くなっていきます

あなたも好きかも:n1 パチンコ 上越
最後に 「あらすじ」はこのように決めていけばいいでしょう

 「あらすじ」を書かずに本編を書き出す人もいます

考えてから書く人と書きながら考える人がいるからです

 とくに連載小説を書く人は「あらすじ」を書かずに行き当たりばったりという方が多いように見受けられます

あなたも好きかも:ベガス・ナイト・ライフ
 ですが「小説賞・新人賞」を目指したり連載して小説を生業としたいのであれば、きちんと「あらすじ」を書いておいたほうがいいでしょう

 物語がすっきりするので、無駄のない説得力を持つ文章に仕上がります

 また「小説賞・新人賞」では審査に際して梗概(こうがい)を求められる場合もあります

最初から「あらすじ」に従って書いていれば、その「あらすじ」を文章にまとめなおすだけで梗概(こうがい)が完成するのです

 物語の設計図としても、梗概(こうがい)を簡単に作るためにも、物語を作る際には必ず「あらすじ」を作っておきましょう

私のWebサイト(すでに閉鎖しています)で書いていた「小説作法」を再編集してまとめました

 小説は書き上げないとダメだし、手直ししないとダメだし、発表しなければダメなんです

書きあげて推敲(すいこう)して発表するのが小説 小説の「書き出し」は読み手を惹きつけるために工夫を凝らさなければなりません

 かといってあまりにも意表をつこうとすると失敗に終わります