ラウンドワン 習志野 スロット

ラウンドワン 習志野 スロット

決して馴染むことができないのだと、エンデが持つ〝信念〟がそれを拒絶したのならば、異物としか感じられない

 そうだ

 馴染むべきものではない

それが人ならば、なおさらだ

 けれど、否定をするのは行き過ぎになる

拒絶はエンデが持つものであって、否定は相手へと向かってしまう

そこは控えるべきだ

 だが、どうすればいい

あなたも好きかも:スロット 有利区間
 終わり続けるものを、終わらせることなんて、想像すらできないけれど、それは――

「――きっとそれは、惰性なんだろうと、僕は一つの結論を抱いた」 頭の上から注がれた声に顔を上げれば、逆光がまぶしくて目を細める

あなたも好きかも:コードギアス スロット r2 レギュラー
更に言えば目の前にいる男は、全身を白色で染める衣服で

 その視線は、屋敷を背にして、外を眺めている

あなたも好きかも:パチンコ 新聞紙 作り方
「必要だったのか――と問われた時、今の僕はそれを説くことができない

それは記憶の風化ではなく、かつての状況そのものに対し、余計な真似をしたと後悔を抱いているわけでもないけれど、しかし、少なくとも不必要だとは思わなかったと、そんな誤魔化ししか出てこないんだ