デビル スロット カード

デビル スロット カード

 フローリアが王位についていた時も、似たようなことは何度も起こっていた

 実際には考助が起こしていない騒ぎまで、問い合わせがあったのだから、その煩わしさはよくわかっていた

 結局、今回の事件も、表向きには現人神が起こしたかどうか、疑わしいが本当にそうかどうかは分からないとして、噂のみが広がっていくのであった

考「・・・・・・ところで、ミアは?(話題逸らし)」ト「・・・・・・(あ、やばい)」考「うーん

トワはなにか知ってそうだね」ト「・・・・・・(なんで、こういう時だけ鋭いのかな!?)」フ「ミアの居場所など考えなくともわかっているだろう?」考「そうなんだけれどね」ト「・・・・・・(ミア、早く帰ってきておくれ~)」

二人の人物が剣を持って相対していた

 流れるような美しい黒髪を持つ一人は女性で、もし意図して流し目でも送ろうものなら、送られた相手は一瞬にして虜にされるほどの美貌の持ち主だ

あなたも好きかも:指宿 パチンコ屋
 だが、もう一人の男性は、そんな相手の美しさを楽しむわけでもなく、逆に厳しい表情になっている

あなたも好きかも:スパイダーマン3 スロット
 事実、男性の方は、完全に女性に追いつめられていた

 男性は剣を持ったままどのようにして攻めるか考えるが、どうすればいいのか分からない

あなたも好きかも:パチスロ ディスクアップ 4号機
 自分の頭で思いつく限りの攻撃は繰り出していたが、全て完全に防がれていた

 ついでにいえば、男性は既に息が上がっているが、女性は息を乱すどころか、涼しい顔で立っている

 地力でも完全に負けている証拠だった

 いつまでもにらみ合っているわけにはいかない

 既に考え付く限りの手段は尽していた