妖怪ウォッチ2 スロット

妖怪ウォッチ2 スロット

 この一見完璧な防御を見せるベルフォール北東地区に比して、南東方で北方の南北尾根と相対する位置にあるバス・ペルーズ、オート・ペルーズの両高地(重城地区から南へ1.2キロと南東へ1.2キロ)は開戦時全く手付かずの状態で防御施設に類する設備は一切無く、攻撃側とすれば両高地南方に広がるブロスの森(ボワ・ドゥ・ラ・ブロス

バス・ペルーズの南南東1.9キロ)とル・ボスモンの森(同南1.8キロ

あなたも好きかも:新装 開店 パチンコ
両森とも現存します)を占領しさえすればこれを遮蔽に使って両高地を狙うことが可能となる状態でした

あなたも好きかも:パチンコ カグラ2
オート・ペルーズの高地からは重城だけでなくサヴルーズ川西岸の防御物までもが展望可能で、この地は攻城砲台を設ける最適地となっていたのです

 要塞の西側、サヴルーズ沿岸の地区は戦争前から防御増設工事が計画されており、東西南北四方向にあるベルフォール郭外市街の一つ・フォーブール=アンセートル(市街北面)の西側を走る鉄道沿線や、その鉄道西側、バール(数件の家屋

現在は住宅街となっています

要塞の西1.6キロ)と市街の間にある高地上にあった「バール」分派堡(現在跡地はベルフォール市のスポーツ施設や文化施設になっています)では、開戦前から防御増設工事が行われ、戦争中も工事を続けましたが帝政下では完成することなく、結果要塞の西側防御は比較的小さな「ベルヴュー」分派堡と市街南西にある停車場に設えた急造陣地に委ねられていました

 因みに要塞の北西4.3キロに聳える鬱蒼とした森に覆われているサルベール山(モン・デュ・サルベール

最高地点は標高651m)からはベルフォール市街と要塞の全てが俯瞰出来ました

山頂には当然のように分派小堡(フォール・デュ・サルベール)が設けられていましたが、例えこの小堡が無くとも山頂に砲台を設けることは森と斜面のためだけでなく地質も岩石多く難工事が予想され、また要塞までは距離があるため砲撃効果も薄いと思われていました

 こうして眺めて見るとベルフォール最大の「弱点」は南東側のオート、バス両ペルーズ高地と言えます

さすがに仏軍もこの弱点に気付いており、戦前両高地に防御施設を設置することは急務と考えられ、両高地最高地点に分派堡を築造するための工事が開始されますが、戦争に突入すると工事は全くと言ってよいほど進みませんでした

あなたも好きかも:パチンコ アイゼン 高松
これは開戦直後にこの地で集合完結し、従ってベルフォール地方の防衛にも責任があったフェリクス・ドゥエー将軍の仏第7軍団が「ヴァイセンブルク」「ヴルト」両会戦の結果北方へ去ってしいまい、ベルフォールに残されたのはわずか5,000名程度の護国軍と地方守備隊だったことが原因でした

 この問題も多い要地防衛に責任を負ったのは、遡ること6年前よりベルフォール要塞に在職し要塞のことを知り尽くしていた工兵士官、ピエール・マリエ・フィリップ・アリスティド・ダンフォール=ロシュロー大佐でした