スロット 新台 番長0

スロット 新台 番長0

そして300mほど西方の高地尾根(853高地の南西側)上に進んだ普軍散兵線に向かって斜面を駆け上がると、これを圧倒し突破しようとするのです

 しかし、アフリカ猟騎兵たちは近距離から統制された一斉射撃で迎えられ、勢いを殺がれた連隊は自然と散開分裂し、斜面の窪地や倒木、灌木に隠れた普軍散兵は、十数騎のグループの寄せ集めにまで分散した仏軍騎兵を狙撃し始めました

 仏軍騎兵はこの恐ろしい射線から逃れ、またこれを突破しようと激しく機動しましたが、集団の持つ衝撃力を失い、最早単騎の寄せ集めとなった仏軍騎兵に対し、逆に普軍側は812高地尾根の森林や853高地上から見事に統一された十字砲火を浴びせ掛け、時間経過と共に後方から増援も駆け付けたことで、植民地猟騎兵の前線突破は非常に困難となりました

あなたも好きかも:モバ 7 パチンコ
 アフリカ猟騎兵 このアフリカ猟騎兵第3連隊の100m後方からは、同僚のアフリカ猟騎兵第1連隊が続行し突進します

あなたも好きかも:パチンコ 7テン
 しかし、部隊の先頭を行く連隊長のアンリ・ルイ・クリコ大佐は、ガリッフェ准将の連隊が敵歩兵の銃撃で勢いを殺がれ、戦線突破が阻止されるのを目の当たりにします

そして812高地尾根から砲撃を受け始めると、大佐は部隊に旋回を命じて難を避け、その後は無理をせずに反転し、出発地点のカルヴァイル・ドゥ・イイの後方まで下がるのでした

 突撃の最後尾はアフリカ猟騎兵第4連隊と、味方が襲撃を敢行するのを見るや突発的に参加したアメル少将率いる仏第7軍団騎兵師団所属の槍騎兵2個中隊(更にその後方を騎砲兵小隊が付いて行きました)でしたが、ガリッフェ准将の連隊が812高地に砲列を敷いた普軍の目前で転回し退却に移ると、彼らもまた反転するのでした

 こうしてマルグリット騎兵師団による「朝の突撃」は失敗に帰します

 攻撃による仏軍の戦死傷者は士官15名(内7名が戦死)、下士官兵136名に上り、その殆どがアフリカ猟騎兵第3連隊のもので、同連隊は定員の3分の1を失った計算となります

この時、普軍側は各隊合わせて30名前後の損害を報告しています

 ガリッフェ この後、マルグリット騎兵師団は812高地や853高地の普軍散兵線や砲列から激しい銃砲撃を受け、このままでは一方的に損害が増えるだけと考えた将軍は、師団を一旦ガレンヌの森へ退避させました

 しかし、深い森の遮蔽であっても普軍の恐ろしいクルップ砲にとっては何の障害にもならず、仏軍は森の奥深くに潜んでもなお損害が増え続けたのです

あなたも好きかも:甲府 パチンコ イベント
 情け容赦のない榴弾砲撃は、木々を撃ち倒して恐ろしい弾片や木片を巻き散らし、外れれば大地を掘り起こして石礫を跳ね飛ばし、運の悪い兵士たちを撃ち吹き飛ばします

 その凄まじい威力は、豪勇で鳴る仏軍騎兵たちを以てしてもパニックを呼び、一時的に秩序が崩壊寸前まで行った師団は、高級士官たち必死の叱咤激励によりぎりぎりのところで踏み止まるのでした

 元来は第6軍団騎兵師団の第1旅団で、軍団がメッスへ前進する際にシャロン演習場にて残留を命じられた結果、シャロン軍結成時にマルグリット師団の第2旅団となったアドルフ・ジュール・ティラード准将率いる旅団(猟騎兵第6と驃騎兵第1の2個連隊)もまたパニックに襲われ右往左往しますが、准将始め士官たちの叱責で下士官兵は次第に落ち着きを取り戻しました

 実はティラード准将はイイでの待機中、命拾いをしています

 准将がカルヴァイル・ドゥ・イイの高地で敵の動向を観察していた時、部下で猟騎兵第6連隊長のボンヴォー大佐と話し合うためその高台を離れた瞬間、812高地尾根から放たれた榴弾が数十秒前まで准将が立っていた位置に着弾し炸裂したのです

 これを見た准将は突然笑い出し、呆然とした猟騎兵第6連隊長とその副官に対し、喜びを爆発させるのです