パチンコ 電源オフ

パチンコ 電源オフ

 バスを降りて正門へと歩いて行くと、後ろから声を掛けられた

「おはようございます」 礼儀正しく挨拶をしてくる真田さん

 この子は手間も掛からなければ、度が過ぎた事もしない

 ただそれは私達の薫陶によってではなく、本人の性格や資質によるもの

 そう考えると、こっちが何をしようと関係ない気もしてくる

「どうかしましたか」「私は、人を指導する柄ではないなって」「指導

あなたも好きかも:エッグ スロット マット
誰が」 何も、そんな真面目に聞かなくても良いと思う

あなたも好きかも:カツ丼 パチンコ 甘い
 大体、そこまで変な事も言ってないと思う

私も先輩としてそういう立場にあるって、サトミが言うから」「意味としては分かりますけどね

立場としても」「だったら、何が分からないの」「やっぱりある程度の経験や下地がないと、いきなり指導すると言っても無理でしょう」 非常に理屈の通った話

 それもそうかと思いながら正門をくぐり、教棟へ続く並木道を歩いていく

 確かにやった事が無いのに、今更やる方が無理な話