パチンコ屋 近く

パチンコ屋 近く

というか、コウスケはともかく、シルヴィアが思いついていないのは、意外だったな

・・・・・・いや、ある意味仕方ないのか」「えっ!?」 まったく思い当たりのないシルヴィアが驚いた顔をフローリアへと向けた

「長い間、シルヴィアが私とともに現場の運営に携わっていたといっても、あくまでも宗教に限ってのことだからか」 フローリアがそういうと、さすがに他の面々もハッとした表情になった

あなたも好きかも:ベネチアンマカオ カジノ
 他の面々の顔を見て気付いたかという顔になったフローリアが、ひとつ頷いてから続けた

「そうだ

この際だから国に頼めばいいだろう」「それは確かに・・・・・・いや、だけど、本当にいいのかな?」 こんなときに力を借りるといろいろと面倒なことになるのではと懸念する考助を見て、フローリアは首を左右に振った

「心配いらん

というよりも、むしろ

トワは喜んで力を貸してくれると思うぞ? 今回の件のそもそものきっかけを忘れたのか?」 セントラル大陸にちょっかいを出してくる他国に対して、塔の制御の一部をミアに渡して、考助はその代わりに自分の神域を作るというのがそもそも事の起こりだった

あなたも好きかも:コードギアス2 スロット ギアスラッシュ
 それを考えれば、トワの力を借りて船を用意してもらうことくらいなんでもないというのがフローリアの考えだった

 さらにいえば、下手に民間の船を借りて考助の儀式を見られるほうが、ラゼクアマミヤにとっても後々まずいことになりかねない

 それをするくらいなら、進んで船の一隻や二隻くらい貸し出すだろうと、フローリアはその場にいる者たちに言い放つのであった

すんなりいくかと思いきや、最後の最後で予想外の事態に!wこのあと、トワの力を借りて、事なきをえます

あなたも好きかも:reno スロット 天井
ラゼクアマミヤ国王トワは、そのとき国の重鎮たちとの会食を行っていた

 会食といっても、多くの貴族を集めてやるようなパーティではない

 そもそも現在のラゼクアマミヤには、貴族が少数しか存在していないので、そのような大掛かりなパーティは基本的には他国の貴族たちを招いてやるものくらいである