エロい カジノ

エロい カジノ

そこには、更地のど真ん中に小汚い木造の小屋が建てられていた

入り口の扉には「まいかけんきゅうしつはいるな」と日本語の汚い平仮名とアグラニウスの汚い現代語の文字とさらにアグラニウスの汚い古代語の文字で三行に分けて書かれていた

あなたも好きかも:パチンコ カイジ セグ
マイカはニヤニヤしながらその更地のど真ん中の小汚い小屋の扉の前まで行くといきなり扉を蹴り開けて「……よし……調子いいな……」と呟いて、中へと入っていった

全身から美射の身体のバーツを生やした俺もナーニャに手を引かれてその小屋の中へと入る

小屋の中には、セーラー服や櫻塚高校の制服や、さらに下着まで紐に吊るされて干されていた

それらの洗濯物の下には、古いテーブルとそれを囲うように古びた人間用の椅子が五脚ほど並んでいる

「ここの隠れ地下室とかか?」マイカは俺の言葉を聞いていないように奥の椅子に座ると、顎をあげて俺たちに座れと指示してくる

俺は当然座れないので、ナーニャに眼で代わりに座ってくれと見つめる

娘は頷いて椅子に座り「ここが、かくり?施設なんだよね」マイカに尋ねる

「うむ……貴様らは……既に 共鳴粒子……の只中だ……」「こんな雑な造りで漏れないのか?」俺の疑問にマイカは「くくく……既に……何重にも……貴様らは バリアを……潜っている……」そこでようやく気付く

広い更地は透明なバリアを何重にも張るためのスペースだったのか

あなたも好きかも:パチスロ 涼宮ハルヒの憂鬱 設定
俺は美射のパーツを体中からブラブラ揺らしながら「……とにかく、分離を開始してくれ」マイカは頷くと「……ナーニャ……」と黙ってナーニャを仰ぎ見た