安全第一 パチンコ

安全第一 パチンコ

「ネア、眠たくなってしまうのなら、部屋に帰ろうか」「………………ふぁい

あなたも好きかも:nec ゲーム機
…………ぐぅ

…………むぐ?!…………ディノ、アルテアさんは、こっそり森に逃げていません?」「うん

ここにいるよ

あなたも好きかも:花の慶次 スロット 天を穿つ戦槍 天井
その肌はじきに綺麗になるから、怖がらなくていい」「寧ろ、その程度で引くようであれば、もっと前に色々あるだろ…………………」「アルテアさん…………」ディノにふわりと抱き上げて貰って、ネアはぼんやりとした目を開いた

あなたも好きかも:サレンダー 意味
こちらを見る赤紫色の瞳に何かを言いかけて、また瞼が落ちてくる

「なんだ?」柔らかく、穏やかな声

そんな声に頭の奥の方の冷静な部分で驚いて、また少し安堵を深める

婚約者だからだとか、弟になるからと、当たり前で繋がなくても、ずっと傍にいると約束した使い魔はこんな風に水玉模様になっても優しくしてくれるようになったらしい

「ぶどうぜり、……………ぐぅ」「…………………おい

結局今回もそれなのか」甘えてもいいなら葡萄ゼリーをと思ったところでネアの意識は途切れ、次に目を覚ましたのはお昼前のことだった

「何か食べられそうかい?」「………………べたべたしまふ

…………ですが、何か軽いもので塩っけのあるものが食べたいです」「アルテアとも話して、水玉が消えるまでは香辛料の強いものと、酒類、魔術的な祝福が強い食材は控えるようにしようということになった

朝食のものもまだ残して貰っているから、クレープ地と人参の入ったコンソメスープとパン、チーズやハム、サラダくらいは食べられるよ」「ほわ、充分に美味しそうなので、会食堂に行くべく、身支度しますね」よろりと立ち上がると、ディノはほかほかの濡れタオルを持ってきてくれた

以前に風邪を引いた時のことを覚えていてくれていたのだろう