ガールズアンドパンツァー パチンコ ボーダー

ガールズアンドパンツァー パチンコ ボーダー

さすがに隊服や隊章の発行はまだだったが、そういった付属物よりも、正式に発足することのほうが大事だった

これで、シーラたちはセツナの配下として大手を振って生きていけるようになる

あなたも好きかも:小田原 スロット 設定
なんの問題もなかった

彼女たちもまた、喜んでいたものだ

 泰霊殿一階中心の広間を出て、円を描く通路を走りぬけながら、セツナはそんなことを考えていた

あなたも好きかも:100 万 ドル を 取り返せ
自分が彼女にしたことは正しかったのか、どうか

彼女に手を差し伸べたことは、無駄だったのではないか

むしろ、なにもしないほうが、彼女のためには良かったのではないか

そんな考えばかりが脳裏を過る

 彼女を配下として、黒獣隊長として迎え入れなければ、彼女はすぐにでもアバードに戻れたのではないか

あなたも好きかも:パチンコ 鉄拳 スペック
(それは……ないか) シーラは、王家の名を捨てざるを得なかった

それは、セツナの配下になったからではない

彼女は、アバード国外への逃亡を決めたときから、名を捨てなければならないということを覚悟していたし、実際に捨てていた

ただのシーラとして、龍府に隠れ住んでいたのだ

つまり、彼女はアバードの内情に関与する資格を捨てていたということだ

 いや、そもそも、王女としてのシーラが処刑された以上、彼女がアバードに戻ったところで、なにができるわけもない