ルーレット 類語

ルーレット 類語

「ほら……どうした? 軍隊一つを壊滅させる力があんだろ?」『グ……ギ……ギャ……』 凄まじい速度で大地に叩き付けられたマンティコアは、何とか起き上がるが身体はボロボロだ

 ライの言葉を理解しているかは知らないが、挑発に乗る様子は無い

 少し睨み合うが、レイたちとダークたちもこの場にやって来た事によりその均衡は破られた

あなたも好きかも:パチンコ 戦乱バースト
「ハッハッハ! もう満身創痍《まんしんそうい》の状態だな! マンティコア!」 オスクロが笑いながらマンティコアに言う

あなたも好きかも:ベトナム語 スロット
その隣ではザラームとキュリテも同意するように頷いていた

 そう、マンティコアはもう既に満身創痍

動く事すら難しい状態だったのだ

「で、どうするんだ? ライ? 無闇な殺生を避けたがっているお前だが……マンティコアは……まあ、迷い込んで来ただけのようだが?」「そうだなあ……」 そしてエマが言い、ライはどうしたものかと考える

ライは無闇な殺生を好まない

余程の事では無い限り、相手を生かそうと考えているのだ

 そしてライは少しだけ考えたあと、直ぐに案を出した

「……よし、ここはこの街を治めているダークに決めて貰おうか

この街のリーダー的存在であるダークがきっちりとした判決を出した方が良さそうだしな」 それはダークが決めるということだ

あなたも好きかも:パチンコ レンタル
 この街を治めているダークならばこの手の魔物の扱いは慣れている筈だからである

「俺かよ……面倒臭ェ……」 ダークは面倒臭そうに頭を掻き、ボーっとしなながら一言

「じゃ……殺処分で……」「「「オーケー!」」」 刹那、オスクロ、ザラーム、キュリテが飛び出した

「あ、やべ……」「え……? ええ……?」 ライは何をするか理解し、動物好きのリヤンの目を手で覆って隠す