剛衛門 スロット エンディング

剛衛門 スロット エンディング

皇女という存在であっても特別な力があるわけではなく、彼女だけで何かをできると言うわけでもない

ただ傍らにいた物の死を悲しむことしかできない

あなたも好きかも:パチンコ 設定
その程度の存在でしかないと彼女は感じた

「………………」「………………」「もう、大丈夫か?」「……………………はい」「色々と大変そうだな所悪いが、この後どうする?」「……どうする、とは?」「馬車も壊れて馬もいない、傍にいた人間は全員死んでいる

相手方も全滅させたとはいえ、帰ることも難しい」「あ………………」 公也に助けられたとはいえアリルフィーラの現状はかなり厳しい状態にある

傍にいた彼女の世話をする者も、傍にいた彼女を守る力を持つ者も、彼女が住んでいた所に移動するための馬車もそれを動かす存在も、何もかもがない

いま彼女が持っているのは彼女の体と服、そしてちょっとだけ身につけているものくらい

あなたも好きかも:聖闘士星矢 スロット なんj
一応彼女の立場が彼女の身を護るが果たしてそれでどれだけの者が彼女のために動けるだろう

ましてや今ここにいるのは公也、キアラートの人間である冒険者ただ一人だ

「…………どうすればいいでしょうか」「いや、皇女なんだろう? 普通に家の方に戻ればいいだろう」「…………………………………………」 公也の言うことは正しい

アリルフィーラは皇国の皇族という最重要に近い立場の存在である

あなたも好きかも:カイジ パチスロ アプリ
大人しく本来向かうべき場所に、帰るべき場所に帰る

それが一番正しい行いだろう

しかし、行動としては正しくともこの先の未来を考えるとそれは果たして正しいのか

今回彼女を襲った人間は恐らく盗賊などではない