エヴァ パチンコ 最高傑作

エヴァ パチンコ 最高傑作

その表情の屈託のなさにこそ、彼の本質があるのではないか

ふと、そんな風に考える

いままで見てきたテリウス・ザン=ケイルーンという人物は、騎士としての誇りや挟持といった仮面を被ることで、自分を作っていたのではないか

それくらいの変化が、笑顔の中にあった

 だから、というわけではないが、レムは、彼の目を見て、そして伝えた

「心よりの感謝を、述べさせていただきます

あなたも好きかも:スロット 4 号機 と は
テリウス様、誠にありがとうございました」「……君が無事なら、無事に目覚めたのなら、それでいい

ただ、感謝は受け取っておこう」 失礼に当たる、と彼は続けた

そんな彼の対応が騎士らしくて、好きだった

「ですが、なぜなのでございます?」 深々と下げていた頭を上げ、再び、彼の目を見る

あなたも好きかも:旦那 スロット やめさせる
「なぜ、わたくしごときを?」「君だからではないよ」 テリウスは、少しばかり苦笑を交えた

「勘違いしてはいけない