パチンコ 梅田

パチンコ 梅田

彼らには仏艦隊は途中で引き返した様に思えました

 テティス(仏装甲艦) レルミット(通報艦) しかしこの時、ウィヨーメ提督はそのまま艦隊を東へ進めていたのです

 8月19日の夕刻、ダンツィヒ(グダニスク)の要塞司令官は沿岸の信号所より「敵艦接近」の通報を受けます

あなたも好きかも:フェアリーテイル スロット 設定示唆
これによりダンツィヒとノイファーヴァッサー(グディニァ)は厳戒態勢に入りました

あなたも好きかも:四ツ谷 ぱちんこ
 要塞司令官は21日になって入港した商船から、敵艦隊が第25号信号所のあるリックスヘーフト(現・ロジェビエ

グダニスクの北北西55キロ)の沖にいることを確認しています

 この21日午後2時、仏装甲艦3隻と通報艦1隻からなる艦隊が細長いヘラ岬(現・ヘル

グダニスクの北北東30キロ)を回り込んでダンツィヒ湾に入り、午後6時にはノイファーヴァッサーの北西15海里(約27.8キロ)の海域まで接近して碇を下ろしました

仏フィヨーメ艦隊旗艦サベイラント ノイファーヴァッサーに碇泊していた「ニンフ」(1,183t・12ノット・12cm砲x17)艦長、ヨハネス・ヴァイクマン少佐は敵艦隊を夜間に襲撃し混乱させるため、夜間出航のために港の阻塞を外させた後の夜半、出撃します

 折しも半月が昇り始め、この微光により敵艦隊を発見すると、少佐は敵に直進するか東側に廻り込もうとしますが浅瀬に因って断念し、艦を沿岸に沿って北上させ、北側から接近しました

 日付が変わり22日午前1時30分頃、敵艦との距離がおよそ1海里となったことでヴァイクマン艦長は砲撃開始を命じ、「ニンフ」は舷側に並べた6門の12cm砲を斉射した後に回頭、敵の艦尾側へ廻って反対舷で再び斉射しました

 すっかり油断していた仏艦隊は2度の砲撃を浴びてようやく動きが見え、各艦の甲板上に灯火が見え出すと数発の応射を「ニンフ」に対し行いますが、全て遠弾となりました