2012年04月 スロット

2012年04月 スロット

わかるだけに、無碍にはしたくない

それに、一年に一度の日だ

 みんなと一緒にクリスマスパーティとは言っても、クリスマスというその日を都合よく利用しているだけに過ぎない

あなたも好きかも:パチンコ 業界 倒産
パーティはいつでも出来る

あなたも好きかも:三茶 パチンコ 優良店
なんなら明日にだって出来る

 優樹は「……うん」と小さく頷いた

「まあ……、どうするか、今晩中にメールするね

みんなの予定も聞かなくちゃいけないし……」《ホ、ホント、気を遣わないでくださいね?》「大丈夫」 優樹はにっこりと笑みを溢し、そのまま空を見上げた

「……大介君とお食事かあ……」 そう呟いて、脳裏に片っ端から料理を食べ続ける大介の姿が浮かび、怪訝に眉を寄せた

「ば、場所を選ばないと……すごくひんしゅくを買うかも……?」《は、はい

……その時は、前以て五人分くらいで予約を入れようかと……》 鈴菜も先を読んでいるのだろう

あなたも好きかも:パチンコ ヘッドセット
 心積もりのいい彼女に、優樹は「ぷっ」と吹き出し笑った

「それで足りなかったら、ケーキをホールで頂くしかないね」《……それはそれで、注文するのが恥ずかしいんですけど》「ふふっ、鈴菜ちゃん大変そう」 複雑そうに声を潜める返事を聞いて笑いながら、優樹は「うんっ」と頷いた

「じゃあ……ちょっと待っててね

悪いけど」《いいえっ……、私の方こそ、なんだか……すみません》「ううん