錦糸町 スロット レア台

錦糸町 スロット レア台

 ――そんな二人を、見合いの部屋の隣を借りた反町たちがこっそりと覗く

反町と洋一と白川と華音、そして怒りに震える多美と、じっと見守る弥生

あなたも好きかも:まどマギ スロット アルティメット 条件
更に、退院してきた大介と生美も一緒だ

「……断るつもりでも、もう少し愛想良くしたらどうなのよあいつ」 白川が持たせた隠しマイクから会話も窺うことが出来、生美が呆れてため息を吐くが、多美の怒りを感じて次の言葉を言うのを止めた

そんな彼女に洋一は苦笑する

「立花に愛想の良さを求めるのがそもそも無理って話だ

なあ、武田?」 話を振られ、弥生は少し笑って「……そうですね」と頷いた

 そんな彼らの視線など気にはならなかったが、いつまでも散歩はしてられず池の畔で足を止め、改めてため息混じりについて来る三好を振り返った

 ――じっと顔を俯かせて、目を合わせないようにとしているようだ

 その様子に調子が狂い、立花は遠い木々に目を向けてズボンのポケットに手を入れた

あなたも好きかも:パチンコ 痛いニュース
「……おまえンとこの親父さんたち、気さくだな」 そんなことを話そうとは思っていなかったが、口から出てしまった

気まずさから来た自己防衛だろう

 しかし、三好は「……ありがとうございます」とやはり俯いたまま礼を告げるだけ