パチンコ 十三

パチンコ 十三

獅子神皇とやらも、知識量だけではおぬしには手も足も出まい」 聖皇の力の器たる獅子神皇の知識も圧倒的なものがあるはずだが、しかし、“霊樹”とやらを活用するアルシュラウナには到底太刀打ちできるものではないだろう

もし、獅子神皇の知識だけで十分だというのであれば、“霊樹”を利用する必要も、アルシュラウナにそれをさせる意味もなかったはずだ

あなたも好きかも:テラフォー マーズ スロット チャンリプ
 “霊樹”とアルシュラウナこそ、ネア・ガンディアの知識の源であり、軍事力、技術力の根本だったのだ

「じゃが、そんなおぬしにも、知らぬことはある」 アルシュラウナが動きを止めたのは、ラグナの発言が引っかかったからに違いない

知識を誇るものにとって、そのような発言が気に触らないはずがないのだ

「そして、それが弱点じゃ」 ラグナは、咆哮とともに魔力を爆発させ、周囲一帯の本を消し飛ばすと、アルシュラウナへの進路を確保した

あなたも好きかも:パチンコ 製造会社
そして、トワを肩に担ぎ上げると、魔力を込めて投げ飛ばす

「ゆけい、トワよ!」「え……? ええっ!?」「セツナのために勝利をもぎ取ってこーいっ!」「兄様のため……!」 咆哮とともに竜語魔法が発動し、トワの小さな体がまばゆい光に包まれた

かと思えば、トワ自身が強烈な神威を発し、さらに加速して見せた

あっという間にアルシュラウナの元へと到達したトワに対し、アルシュラウナは、反応すらできないようだった

 それはそうだろう

 トワは、生まれ立ての神であり、一切の情報が存在しない神だ

 正体も由来も意味も、なにもわからない

あなたも好きかも:八千代 スロットクラブ 事件
 アルシュラウナは、前方に本を集めて防壁を構築したが、莫大な神威と魔力を帯びたトワの前には意味を為さなかった

 本の防壁は容易く突き破られ、アルシュラウナの上半身もまた、ものの見事に吹き飛んだ

 トワの全身全霊の体当たりが、獅徒の強靭な肉体を粉砕したのだ