伯和 グループ パチンコ コロナ

伯和 グループ パチンコ コロナ

マカブとマイカもすぐに近寄ってきて、一緒に話を聞く

「行方不明のラングラール様を、ガルモウグの背中にお見かけしたと 襲われた村の者が言っているのですが……」 「なっ、なんだと……あの反逆者が……」ああそうか、事情を知らないローレシアン人には未だに大罪人なんだなと俺はマカブの反応を眺める

「……たしかに……乗っていたのか……見間違い……では……」 「ええ

以前王都での式典でお見かけした王子によく似ていたと言っています

 しかし、その者の話では、髪を振り乱し裸で狂人のようであったと……」 「狂っているのか……」マカブが驚いた表情を見せる

「……うむ……そうであっても……おかしくは……無い……」マイカが深刻そうな顔で俯く

マカブは真剣な表情で「合い分かった

あなたも好きかも:カジノ スロット 大勝ち
大儀であった

いずれその者に話を聞きに行かせるかも知れぬ」 「はい

言い聞かせておきます

あなたも好きかも:沖縄 スロット 裏 物
では私はこれにて

タジマ様達にお会いできて光栄でした」その有力者は頭を下げて、去って行った

「嘘をついている感じはしなかったな」 「……見間違いで……あることを……祈ろう……」 「では、その事も踏まえて、ガルモウグの対策会議は明日  本格的にするということで

今日はゆっくりお休みください

 領内の哨戒がありますので、私もこれにて」マカブも部屋から去っていく

王子とアルナも連れ添って出て行き俺とマイカと、あとセイを乗っ取ったにゃからんてぃは メイドの案内を断り、三人で客室へと向かう