エバンゲリオン パチンコ 初代

エバンゲリオン パチンコ 初代

ここが違う時間軸だとしてもあれは俺の子供たちだ

あなたも好きかも:サクラ大戦 血潮 スロット
俺の子供たちだ、見間違うわけがない

「お父しゃーん……ダメなんだよ

あなたも好きかも:アイマス スロット アンコール 終了画面
 私の力でもダメなんだって……」ナーニャが俺の身体の前に抱き着いて泣き始めた

それで俺もようやく我に返り水晶を真っ白な頭で呆然と眺める

……どれくらい眺めていただろうか

あなたも好きかも:昭和区 パチンコ
「もういいでしょ

タカユキ様 そろそろ、普段のクールな態度に 戻ってくださりませんかねぇ?」クラーゴンが呆れた顔でしゃがんでナーニャに抱き着かれたまま力なく座り込んだ俺の顔を見つめてくる

アルデハイトが前方の視界の端に入ってきて「こういうことですよ

 アグラニウスという惑星の本性は 私もどれだけ、残忍なことを名前を騙られて されたかわかりません」「それ、本当だろうな……」俺はアルデハイトの顔を見ずに床を見たまま呟く

「タカユキ様、冷静になってください

 アグラニウスにとって これが最善の手なのですよ

 我々は、あの水晶に傷一つつけずに 守り切らないとなりません

 そして、この時間軸のタカユキ様と仲間たちは そんなことを一切知らされずに あの御子たち、つまりあの水晶を あらゆる手を使って奪還しようとしてきます」「あんまりだろ……そんなのあんまりだろ……」「お父しゃーん……」座り込んで抱き合っている俺たち親子を立ち上がったクラーゴンは見下ろして「ほら、さっさと立ち上がりなさいよ

 戦うってことはそういうことなのよ

 色んな大切なものを失くすことだってあるし 失くしたら、取り戻しに行かないといけないわけ