テーブルゲーム 売ってる場所

テーブルゲーム 売ってる場所

 持っていた袋を取り落としたサヤは、それでもなんとか拳を作り、俺の胸元を力なく叩いた

 僅かな抵抗……

だけど、蕩けた表情と溢れる吐息は熱く、俺を拒んではいない

 腰を捕らえたのとは逆の手を、後頭部から髪の中に差し込んで撫でると、くすぐったいのか、塞がれた口の中で甘い悲鳴……

 日々に追われて、俺は今のことしか考えていなかったのに……

 サヤは、もっと広く、沢山のことを考えていたのだなと……

あなたも好きかも:武蔵中原 パチンコ コロナ
アギーの流民らのことを考えたように、北の地の獣人らまで救えないか、考えていてくれていたのかと……

あなたも好きかも:line ルーレット スタンプ
 そう思ったらもう、たまらなかったのだ

 愛おしくて、温かい気持ちが胸の中だけに留めておけなかった

衝動で動くのは良くないって、思うけど……こんなところを見せられたら、それも致し方ないことだ

あなたも好きかも:スロット マジカルハロウィン 新台
 口づけするとサヤは、蕩けてしまったような恍惚とした表情を見せる

 昔みたいにされるがままではなく、自らも舌を絡めにくるから、嫌じゃないのだって、もう知っている……

 髪の中の手を少しずらして首を撫でると、また上ずった声

 これ以上は危険と思ったのか、そこでなんとか身をくねらせて抵抗したサヤは、その場に座り込んでしまった

 紅潮させた頬と、少々乱れた呼吸……

唾液で濡れた唇を戦慄かせて、まず口にしたのは「もうっ!」という、いつもの抗議の声

「なんのスイッチが入ったん⁉︎」「ごめん……スイッチって何?」「もおおぉぉ! 不意打ちあかんって、前から言うてるのにっ

そら逢瀬中やけどっ、急はびっくりする!」「サヤ、嫌そうじゃなかったよ?」 そう言うと、言葉を詰まらせてしまったサヤは、何か言おうと口を開き……言葉を探しあぐねているうちに、またどんどん顔を染めていった

「い……嫌やないけど……びっくりはするの!」 そうしてやっと絞り出したのがそんな言葉