ウルトラマン セブン スロット

ウルトラマン セブン スロット

じっと黙っているのも大変だと思うけど、一人は心細いから、一緒にいてね」「おぅ」 味方がいるだけで、心強い

 わたしが安堵の息を吐いていると、フリーダが戻ってきた

「お待たせしました

これが衣装よ」「わぁ、素敵!」 フリーダが洗礼式に着るための衣装を持ってきてくれた

あなたも好きかも:バカラ グラス お祝い
白が基調ということだけは、夏のトゥーリと変わらないけれど、生地の厚みが違う

具体的に言うと、フリーダの衣装には毛皮がもふもふしている部分があり、見るからに暖かそうだ

 何枚も何枚も重ね着して、もこもこになる自分の冬装束を思い浮かべて、わたしはうーんと唸った

あなたも好きかも:ボンバーマンランド カジノ
 夏の洗礼式は薄い生地だから、経済状況より裁縫の腕の方が重要だったけれど、冬の洗礼式では経済力による違いが顕著に出そうだ

あなたも好きかも:懐かしい パチスロ
「フリーダさん、この色は好きですか?」「えぇ

だから、刺繍してもらっているのだけれど?」 白の中に赤系の刺繍がされているのを見つけて、フリーダの髪と見比べる

これなら、服にも髪にもよく似合いそうだ

「この刺繍に使った糸ってまだ余ってますか?」「あると思うけれど、どうするの?」「同じ色の花があると、まとまりが良いんです

少し頂いてよろしいですか? 同じ色の糸を探してみます」「えぇ、いいわ」 花飾りを作るための糸を少し分けてもらって、同じ色合いの糸をベンノに頼んで探してもらおう

 フリーダに作る髪飾りは、ベンノがかなりぼったくりな値段設定にしたので、糸にこだわってもいいかもしれない

「これだけで足りるかしら?」 もう一つ服の刺繍ができそうな量がある糸の固まりを手にフリーダが戻ってきた

「十分ですけど……」「では、これでよろしくね」 深い赤の糸の固まりをポンと手渡されてしまい、わたしは途方にくれる

 ここで原料までもらってしまったら、ぼったくりに拍車がかかるんですけど、どうしたらいいですか!? でも、さすがに「ベンノさんがふっかけているので、原料分値引きします」なんて、わたしには言えない

ベンノとふっかけられたギルド長の関係がこれ以上ややこしいことになるのは、困る

 それに、脳内でベンノに「お金は取れる時に、取れるところから、取れるだけ、取っておくものだ」と怒られた