超機密人類補完計画 スロット

超機密人類補完計画 スロット

これが破壊された時に挟まったものだとしたら、相手はまず間違いなく人間ね

ポストロイドに服を着せる文化があるなら知らないけど」「服を着るのは機械でも獣でも無く人間だけ……か

なるほど……」 と、いうことは……これを壊せる“人間”がこの街には存在する

しかし、それなら思い当たる節がある

あなたも好きかも:マクロス 3 スロット
それだけなら……と、そう言うべきかもしれないけど

「残念ながら、これはフリード様に壊されたものじゃなさそうね

恐らく、破壊の直接的な原因になった傷がコレ

ちょっとだけキラキラしてるでしょ

あなたも好きかも:dq10 スロット 当たり台
これは、金属同士が強く衝突したって証拠

あの方は武器を使わない

あなたも好きかも:高級 カジノ
拳が鋼の様に硬かったとしても、それで付着するのは金属の粉じゃなくて人間の皮膚だもの」「武器を……でも、たまには剣とか使うんじゃないか? いつも腰に提げてたし、そういう訓練もやっぱり積んでそうだし」 こっちに来た時、あの方の腰からそんなものがぶら下がってた……? と、ミラはものすっごく険しい顔で僕を睨んだ

ご、ごめんて……そうだね、こんな世界で剣なんて持ってるわけ無いよね、適応させられてるんだもんね

しかし……腰からぶら下がる……出来れば他の人の前では言わないでおくれよ……?「あの方は怪我をなさったわ

それも、殴った拳を粉砕された

普通だったら、拳を怪我したんだから武器を使うと考えるでしょう

でも、あの方は——フリード様は普通じゃない