スロットハイエナ期待値

スロットハイエナ期待値

(つまり、こやつ的には目の前で仲良くされてるようにしか見えなかったと…)「ディノ、見る影もないくらいに恨みに満ち溢れているのですが……」「おや、祟りものになったね」「祟りもの……?」「恨みが深過ぎると、獣はこうして魔術で穢れてゆくんだよ

凝りの竜のような成り立ちだね」「………それは、もしや強化してしまったのでは」げんなりして檻の中の鹿を見れば、少し怖くなってしまうくらいに雄叫びを上げている

狂気じみた様子で雄叫びを上げては、ちらりとうるうるの瞳でディノを盗み見ているのが切ない

あなたも好きかも:akb薔薇の儀式 スロット
灰色だったもふもふの毛皮から、青黒い炎のようなものが立ち昇っていた

あなたも好きかも:スロット 遠隔操作
(恋する乙女と、嫉妬に狂った怪物、そして牡鹿)何とも嫌な組み合わせだ

一般論よりそう導き出したネアだったが、意外なところで純粋培養であるディノは、その組み合わせの悪さには思い至らなかったらしい

その反動は、思いがけない形で現れた

「おや?…………おっと、」大きな硝子が砕けるようなものすごい轟音がして、ディノはネアを抱えたまま背後にふわりと飛び退る

あなたも好きかも:a スロット
檻のようなものが破られたらしく、柵を構成していた雪の塊がばらばらと散らばる

ディノは何て事はないようにしている飄々とした態度だが、黒煙の魔物の一件で学んでいたネアは、ぞっとして魔物の状態確認に入った

「随分上等な妖精か、魔術師を食べたようだ

それにしても硬いな……」「ディノ、怪我をしていたりはしませんか?」「大丈夫だよ

ごめんね、ネア

少し浮かれていて油断してしまった」「浮かれていたのですか………?」「ネアを教育することに、かな」「大変に遺憾ですので、その権限を早く捨てて下さい!」そうこうしている間にも、崩れた檻の中から現れた祟りものになった夜渡り鹿は、もうもうと青黒い炎を大きくしている