その言葉が聞きたかった ブラックジャック

その言葉が聞きたかった ブラックジャック

これでまた封印指定百七十二号が復活するようなことがあれば目も当てられない

あなたも好きかも:バレー スロット テンポ
「はぁ・・・よし分かった

そこまで悩む材料を増やすのであればコータよ、お前の不安を私がなくしてやろう

他ならぬフミのためだ」「どうするんだ?」「もし、デビットの状態が悪化し、封印指定に逆戻りすることがあれば、私が直々に始末をつけよう

あなたも好きかも:ベネチアンマカオ カジノ
お前が心配するようなことは何もない」康太は単純に、アリスが自身の不安を取り除くためにそういったことを言ってくれているのだと感じたが実際はそうではない

デビットという不肖の弟子を生み出した師として、いずれデビットは何とかしなければならないとアリスは考えていたのだ

いつまでも第三者である康太に背負わせるわけにはいかない

そしてもし康太の危惧通りデビットが再び猛威を振るうことがあれば、その時はアリスが責任をもってデビットをこの世から消滅させる

文の後押しをしたかったというのも本心だが、むしろこちらのほうがアリスの目的に近い

あなたも好きかも:青森 市 パチンコ 換金 率
いつまでも情けない弟子の姿を見るのはアリスとしてもはばかられていたところなのだ

だがそんなことを口にするわけにもいかず、アリスはあくまで文のためと言った

その本心に気付いているのはこの場ではデビットだけだった

康太の中で恐怖にざわついているのが康太には感じ取れる

「さて・・・それで不安を取り除いたとして・・・お前はどうするのだ?フミに告白されたのだろう?どのように返事をするのだ?」「そこなんだよ・・・実はさ、今まで文と一緒に行動してきたはいいんだけどそれって魔術師としてばっかりでさ・・・一個人として文を見たことって少なくて判断材料が少なくて・・・ちょっと困ってる」「・・・ふむ・・・単なる異性としてみたことが少なすぎる・・・か・・・」康太は今まで魔術師としては文と行動を共にしてきたがただの学友として文と接してきたことは割と少ない

一緒に昼食を食べる時も、部活の休憩時間に話すときも、小百合の店や春奈の修業場に行って訓練するときも、依頼をこなすときもたいてい魔術師としての目線で見ることが多くなってしまう

そのためただの女の子として文を見たことがないのである