1 nobleロック・セキュリティ・スロット

1 nobleロック・セキュリティ・スロット

この先、偶然の事故で水竜とぶつかることがないとも言えない

幾らでも保険をかけておかねばならないのだと、身近な者達から学ぶことも多かった

そんなことを感慨深く思い出していると、地を這うような低い声が耳に届き、ぞっとする

「エメル、………よくも羽を濡らしたわね」「………す、すまない!考え事を…………こ、こらっ?!鱗を剥がすな、鱗を!!」激怒する妻には、とても良いお手本がいたようだ

この凶暴さはとある女性から学んでしまったものであり、喧嘩をして勝てたことは一度もない

今回のように、彼女が望まないときに羽を濡らしてはならないだとか、事前に言い含められていた約束を破った場合には、仕返しも格段に凶暴になる

あなたも好きかも:パチンコ 吉兆 遠隔
でも、この凶暴さも、まるで料理が出来ないことも、読書の最中に声をかけると無視されるところも

全て、全て

あなたも好きかも:スロット 結城 やめどき
全てが、エメルの生涯の宝物であった

心を狭く整え、信仰だけに溺れていたあの頃の自分が、こんな風に家族を持つとは思ってもいなかった

(あの日、囚われて千年迷路に投げ落とされて)幾つもの滅びた国の残骸や、飲み込まれて彷徨う罪人の群れの住まうところ

そんな迷路の中を半年も彷徨い歩き、獣のように罪人達を狩り生き延びて、ようやくドリーに助け出された頃には、この心は完全に干上がっていた

あなたも好きかも:笑うせえるすまん パチンコ 7テン
自ら命を断とうとしてもそれも許されず、あの頃は随分とダリルを恨んだものだ

しかしあの苦難の日々もまた、必要なものだったのだろう

あの迷路の中はとても孤独で、けれども決して孤独ではなかった

どこかが自分とよく似た罪人達と廃墟で語らい、争い、そして生き延びてみれば、あの日々があったからこそ、誰かと共に在りたいとか、家族が欲しいというような欲求が芽生えた気がする

そんな欲求が生まれたところに、まだ雑用係だった自分に与えられた最初の仕事が、生まれたばかりのこの司書妖精のお守りだった