スロット モンハン 月下雷鳴

スロット モンハン 月下雷鳴

うん、だよねだよねわかる……ちなみに私はまだ生きていない

そう、だって自分のことをちゃん付けで呼んでみ?トブぜ?天国に

ちなみに私はもう飛んでる

「え、ラスティちゃん……えっ……待って、私まで恥ずかしくなってきたじゃないですかっ!?」「アリスもどう?お手軽に臨死体験出来るよ?」「そこまで言います??」うん、言います

あなたも好きかも:オブザデ スロット
ラスティは確かにいいかもしれないよ?あれだけ自分を天才だの美少女だの言ってるし、それに口ではああは言うものの、実情は釣り合ってるじゃん

それに比べて私はあたま……はまだいいにしても、顔はもう整形+極厚化粧でもしない限りかわらないんじゃない?ってのりだし

あなたも好きかも:レイズ カジノ
「…アリスちゃ……やめておく」懸命な判断だと思うけど、多分ちょっと遅い

そこまで言ったらほぼ言ったようなものなのよ

つまりは……ほら、言わんこっちゃない

あなたも好きかも:スロット 絶対 衝撃
顔を赤くしているアリスを横目に、自然とアリスの頭のほうへと伸びた手で撫でる

「殺して……」アリスちゃん発言が心に来たのか、それともその後の私のナデナデが心に来たのかわからないけど死を望み始める王女様

え、この状況やば過ぎない……?死屍累々なんだけど

「えぇ……そんなに酷いですか?」「あ、ここが初期地点だね」ラスティの酷い1人称の話はさておき、ようやく私の原点の一つに到着する

「そう、ここが私の『異世界』の始まり」全てはここから始まった

エネステラを、世界に散らばる異常の欠片を打ち倒す旅も、AIという前座の先の玉座で待つ『神』を殺すという旅も

セリアと出会い、アリスと出会い、ラスティと出会い

そんな長く、そして短い2ヶ月足らずの旅の原点はここ