麻雀物語 スロット

麻雀物語 スロット

マルディアは、ガンディアの勢力圏とベノアガルド領土のちょうど境界に横たわる国だ

ベノアガルドとの関係が悪化した場合、利用価値が生まれる

もちろん、ベノアガルドとの関係が悪化するようなことはあるべきではないし、そういう理由もあって、今回通告した国にベノアガルドの名が入っていないのだ

あなたも好きかも:スロット 攻 殻 機動 隊 フリーズ
 ベノアガルドとは、友好関係を構築するべきだ、というのはセツナの主張でもあった

 ベノアガルドには、ガンディアが現在動員しうる全戦力を持ってしても対抗しきれないのではないか、というのがセツナが導き出した結論であり、ガンディアの最高戦力にしてベノガルドの実情を最もよく知る彼の結論には、異論を挟む余地はなかった

十三騎士が真の力を発揮すれば、並の武装召喚師ですら太刀打ちできなくなり、セツナですら敗北を余儀なくされたという

あなたも好きかも:ルーレット 当番表
セツナが生き延びることができたのは、ラグナという尊い犠牲があったればこそであり、ラグナがいなければセツナは死んでいたに違いないということだった

あなたも好きかも:ルレット レザークラフト
 黒き矛を携えたセツナでさえそれなのだ

 ガンディアが全戦力を結集すれば、同じような結果には終わらないかもしれないが、勝てる見込みはないだろう――というセツナの認識は、エインたちにベノアガルドとは事を構えず、友好関係が結べずとも、せめて敵対関係にならないようにするべきだと考えさせることとなった

 ベノアガルドが味方になってくれるのであれば、それはそれで心強く、頼もしいことでもある

 無論、ベノアガルドにはベノアガルドの考え方があり、ガンディアと国交を結んでくれるかどうかさえわからないが、いずれにせよ、敵対することだけは避けなければならなかった

 それに比べて、ジベル、イシカ、ラクシャ辺りとは事を構えてもなんの問題もなく、故にガンディア政府は強気に出ることができた

 ラクシャは恭順の意を示すとともに、ジゼルコートに従った責任を将軍らに負わせた

つまり、ジゼルコートに与したのは軍部の暴走であり、国家元首たるラクシャ国王を始めとする政府首脳陣には責任がないと言い張っているのだ

将軍らの首を切り、軍の上層部を総入れ替えしたラクシャに対し、ガンディア政府はまだなんの反応も示していない