環 七 パチンコ

環 七 パチンコ

それに気付き、攻撃ではなく取り乱して所持品を投げつけただけに見えたのだろう

しかし、失笑するように緩んだ表情のまま、金髪の女性は襲いかかってきた膨大な紙吹雪に顔周りを包まれた

「お祝いされるがいいのだ!」そう捨て台詞を残し、ネアは女性一人くらいはゆうに包んでしまえる紙吹雪達を残し、慌ててその場から離脱する

あなたも好きかも:青森市 パチンコ マルハン
背後からは視界を塞がれた女性の怨嗟の声と、陽気な応援ソングが聞こえて来た

へいっと弾んでいるところで、取り乱したような悲鳴が聞こえてくる

(良かった

ダリルさんに持たされていた武器が大活躍した!!)ネアが投げたのは、以前にアルビクロムで家宅捜査した魔術師の館から発見された紙吹雪の魔物だ

対象物をみっしり取り囲み、舞い散り歌って弾んでお祝いしてくれる

魔物の第二席と第三席を無力化したこともある恐ろしい生き物だが、一枚ごとの保有魔術がとても低く魔術的な攻撃だと認識されない利点もある

悪意ではなく祝福として守護結界もすり抜けることから、このような時に煙幕代わりに使うことも出来るのだ

あなたも好きかも:旭川 市 パチンコ 屋 休業
ウィームでは持ち帰られた紙吹雪の魔物をダリルが研究し、増やすことに成功している

ネアが持たされたのはその試作品の一つで、ハンカチの塊に見える特殊結界の中に、一掴みに見えるが実際にはバケツ一杯ぐらいの紙吹雪の魔物が圧縮されて詰め込まれていた

お祝いだ!という一言を聞かせた紙吹雪の魔物達を昏睡状態にして詰め込んであるので、ああして外に出した途端に祝い出す、恐ろしい武器なのだった

「…………っ、………むぐ!」階段登りの全力疾走で疲弊したものか、ネアはよろよろしながら、階段を下りる

四階から下に向かう階段となると、外で海竜が暴れているからと非難して来た人達が多くなってきた

ネアとしては、五階にもこれくらいの人達が流れ込んでいて欲しかったのだが、どうやら宿泊客達も貴賓室のある最上階には行かないだけの分別を持っていたようだ

ネアの生まれた世界とは違い、この世界でそれをやると、そこに宿泊している相手によっては不敬罪で簡単に死罪にされてしまうこともある

人ならざる者達のご機嫌を損ねたりしたら、海竜の襲撃に遭遇するよりも恐ろしいことになるのは間違いない

ガシャンと何かが割れる音が聞こえる