秘宝伝 スロット aタイプ

秘宝伝 スロット aタイプ

 さにあらず

「会話文」を「書き出し」に書いても発言は宙に浮いてしまうだけなのです

どれだけ長いこと「会話文」のやりとりを繰り返したところで、地の文が現れるまでは浮いたままになります

 なぜなら「会話文」を読んでいる間、読み手はその小説の評価ができないものだからです

あなたも好きかも:666 ルーレット
書き出しの会話文はイメージできない「書き出し」を「会話文」にすると、読み手の脳内で明確なイメージが湧きません

あなたも好きかも:パチンコ 無抽選
 誰かしゃべっているようだけど、どんな人がどんな状況でどう考えてしゃべっているのか

あなたも好きかも:ファンキル ブラックジャック
それがわからないからです

 だから「書き出し」から「会話文」が何行も続いていると、いつまで経っても脳内で「映像化」されません

 地の文が出てきて初めて「どんな人がどんな状況でどう考えているのか」が明らかになって「映像化」がスタートします

その段階でいったん「書き出し」まで遡って「どういう意図でこの会話文を発したのか

また書き手は書いたのか」を判断することになるのです

 つまり「会話文」で「書き出す」と読み手は感情移入しづらくなります

 ただし「会話文」が一文だけで、すぐに地の文が書いてあれば、「映像化」をそれほど妨げません