花 の 慶次 スロット ステージ

花 の 慶次 スロット ステージ

「欠陥品じゃない、これ」「意味が分からん

それに、ぬいぐるみだぞ」「まあね」 負け惜しみついでにお腹を突き、その肌触りに頬を緩める

 本当この触感は癖になるというか、本物を触っているみたい

まさかね

あなたも好きかも:ヤマト スロット フリーズ
「生きてないよね」「ぬいぐるみだって言ってるだろ

あなたも好きかも:京成立石 駅前 パチンコ
大体、ヤギが立つか」  ヤギの太い足を指差すショウ

 ディフォルメされた大きなひずめが床を踏みしめ、腕は肩から下がっている

 つまりは、前足が

「そうだよね、まさかね」 どうも疑り深くなり過ぎている

 所詮ヤギ

 じゃなくて、ぬいぐるみ

  動く訳はないし、動いてもらっても困る

「シーツか何か被せた方が良くない?

ほら、埃被るし」「後で探してくる

なんか、そういうのもあったような気がする」「お願い」  埃はこの際どうでも良く、これと向き合ってるのが少し不安になってきた

 怖い顔立ちではないけど、ぬいぐるみや人形はどうも苦手だな

「うわっ」 そう思った途端、ヤギの上体が揺れて真直ぐ私の方へと倒れこんできた

 慌てて逃げるも時遅し

 どっかりと、背中に覆いかぶさってきた