パチスロ 取材 東京

パチスロ 取材 東京

 そして、考助の次の言葉で、その場にいた全員の顔色が変わった

「再利用が出来る魔力石だよ」 魔力石と言うのは、基本的には込められている魔力が無くなってしまえば終わりの使い捨ての道具である

 貴族や豪商の家の家電(?)で使われている物は、魔力が減ってきたのを見計らって補充することは可能なタイプの物だが、ほとんどが一体型で取り出したりすることが出来ない上に、作成するのに手間がかかるのと希少な素材を利用しているために非常に高価なのだ

あなたも好きかも:小柳歩 スロット
 普通の魔力石は鉱石と同じように、鉱脈から掘り出したり自然に発生している物を採取して魔道具の素材としている

 あるいは、魔力が濃い場所に数年単位で置いておくことによって魔力が溜まるのを待つかだ

あなたも好きかも:スロット 換金率 5.2
 そうした魔力石の存在があるために、基本的に魔道具は高価になる

 考助が作った安価な照明は、魔力石を使っているわけではないので、これも安価になっている理由の一つなのだ

「・・・・・・どういうことでしょうか?」 シュミットが慎重に、考助に問いかけた

 場合によっては、照明の時以上のインパクトを与えることになる

「簡単に言えば、空になった魔力石にもう一度魔力を込めてさらに使うことが出来る魔力石かな

あなたも好きかも:銀河おとめ パチンコ 声優
勿論、その魔力石が使える魔道具でしか使えないけどね」 予想通りと言えば予想通りの答えに、その場の全員が感嘆のため息を吐いた

 新たに採掘をしたり、長期間放置をしなくても済むとなると大幅にコストが削減できることは、容易に想像が出来るためだ

 そんな周囲の様子を見て、考助はさらに続けた

「ただ、この魔力石にはちょっとした細工をしてあるんだ」「細工?」「そう

その細工がフローリアたちを呼んだ理由」 首を傾げたフローリアに、考助がニヤリと笑った

「この魔力石に魔力を込めるというのが、特定の条件を満たさないと出来ないようになっているんだよ」「特定の条件・・・・・・という事は」 フローリアはハッとしたように顔を上げた