岐阜 スロット 優良 店

岐阜 スロット 優良 店

 「……まさか!」と目を見開いた、その瞬間だった

 二人と向き合った少年はにっこりと笑った

「まずは南校舎二階の調理実習室Ⅱへどうぞ」 その言葉が終わるか終わらないかの時、彼は鞄の中から素早く何かを取り出して上げている二人の手首に押し下げた

 ガチャチャンッ! 二回音が鳴ると同時にずっしりとした重みが腕に掛かり、優樹も伏見も「うっ!!」と腕ごと肩を落として前のめりになった

「手が重い!」と感じたが、それもそうだ

――二人の手首を見慣れない手錠のようなものが繋いでいる

「はあ!?」 伏見がギョッとした顔で目を見開いて顔を上げると、少年はダッと走って逃げていた

「おい待て!!」 咄嗟に追い掛けようと足を踏み出したが、……忘れていた

あなたも好きかも:パチンコ ホルコン と は
“繋がっている”ことを

グイッと右手を引っ張られて「いててっ!!」と声を上げると同時に、「キャンッ!」と悲痛な声とドシャッ! と倒れる音が響き、腕を引っ張られてドスンッ! と自分も尻餅を突いてしまった

あなたも好きかも:パチンコ 仮面ライダー 甘 大チャンス
 二人とも、冷たい地面に座り込んだまま「いたた……」と痛みに顔を歪め、地面に付いている繋がれた手をじっと見下ろし、互いにそっと目を見合わせた

 優樹は申し訳なさそうな半べそ

伏見は苛立ちを含めた怒り顔だ

「……なんだよこれっ」「……わ、わからないです」「わからないじゃないだろっ

あいつ、誰だよっ?」「し、知らないですぅ……」 責めるように睨まれ、怯えてべそを掻きながら首を振る

そんな優樹に「ったく!」と伏見は深く息を吐いた

「鍵はっ?」「……私、持ってないです……」 当然と言えば当然だ

仕掛けていったのは、あの少年だから

 伏見は、今にも泣き出しそうな顔でサッと目を逸らした優樹にじっとりと目を据わらせた