ゲーム機 置き場

ゲーム機 置き場

「おい、バグルなんとか、セイ様は先輩だぞ

 セイ様を敬え」「いや、あんた、動きは早いし、力もやたら強いけど、先読み全然できとらんし 避けるの簡単やったけど……」早くも見下されて居るらしい

「何だと、さっそく逆らうのか……」「スナイパーは射撃の精度と、ポジショニング命だからねぇ」「あの……やっぱり、私帰っても……ユーフォーでまっときたいかなぁ……」山根が銀海老の盾越しに尋ねてくるが、ミシェルは無視して「さー、紹介するわよ

この人がタジマ君でー

あなたも好きかも:抽選 スロット
 この子がセイちゃん、そして私は案内人のミシェル」「この金髪の人は?」「ん、元"凶"よ

知ってるでしょ?元ゴルスバウ軍所属の殺戮の流れ人」「ほ、ほんとですか!!"凶"さん、こんな所で会えるとは光栄です!!」バグルマースから握手を求められた山根は、盾の端から手を出して仕方なく手を握り返す

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット マミヤ
「ゴルスバウ出身のじっちゃんや 叔父さんから"凶"さんの恐ろしさは良く聞かされてて 改心して、タジマ様の傘下に入ったと聞いた時は、驚きました!!」「ふ、ふーん……じゃあ、あんた私を守りなさいよ」「喜んでっ!!」傅いて山根に忠誠のポーズをしたバグルマースは慌てて俺にも同じポーズをしてくる

「タジマ様!!お世話になります!!」「う、うん……よろしく」何か知らんが、射撃手の仲間が一人増えたらしい

あなたも好きかも:横浜 スロット 西口
「さあ、これからどうするか」ミシェルが懐から取り出したサイキョウの大きな地図を広げる

地図に描かれた碁盤の目のような綺麗に整備された街を皆で見つめる

ミシェルは指で東側を差しながら「このサイキョウ東に南北を割るように流れてるのがモカ川ね

川を挟んで東側全域に 居を構えるのが、魔族七名家の一つ、アーベントロート家の次男坊 暴虐のディルクちゃんだわね

各地から流れ着いた主に魔族の無法者を束ねて サイキョウの東部地域を支配してるわ」「そいつを殺せばいいのか!?」「だから、すぐに殺そうとするなって……」逸るセイに注意をする

ミシェルは笑いながら、サイキョウ中心部を指差す

大きな城があるようだ