ブラックジャック 大阪 バスケ

ブラックジャック 大阪 バスケ

ヴァイラッハ中佐の縦隊がサン=セーヌ=ラベイを出立して間もなく、仏義勇兵と臨時護国軍の集団に遭遇し戦闘状態となりました

しかしこの仏軍は戦慣れしておらず、僅か数発の銃声によって壊乱し四散してしまうのでした

シュゾン川の渓谷を行く第1縦隊左翼前哨も同様義勇兵と護国軍の集団に遭遇しますが、独前哨の数倍・400名を下らないこの仏軍も短時間の戦闘で壊走してしまいました

 第1縦隊の先鋒は午後1時30分、「シャンジェの家」(独立農家

あなたも好きかも:excite パチンコメーカー
タランの北北西2.4キロ

あなたも好きかも:名古屋 駅 パチンコ おすすめ
現存します)に達した時、タランとフォンテーヌ(=レ=ディジョン)から激しい銃砲撃を受けます

先頭に立っていた第61連隊第1大隊は急ぎ散開し、ディジョンへの街道(現・国道D971号線)両側に隆起する高地を占拠し、その援護の下、重砲第6中隊は街道南縁に砲列を敷くと左右両翼の敵陣に対する試射を始め、後続した第21連隊の2個(第7,8)中隊は仏軍の展開する二つの部落に相対するデ(シャンジェの家の東900m)を襲撃、短時間の戦闘で仏守備隊を駆逐しデ部落を占領しました

ところがこの時フォンテーヌとタランの陣地に仏の増援大集団が出現したため、ヴァイラッハ中佐隊と共に進んでいたフォン・ケットラー将軍は急ぎ後続するフォン・ローベンタール隊を呼び寄せ、大佐と共に進んで来た軽砲第5中隊を重砲砲列の隣に展開させてタランとフォンテーヌに猛烈な砲撃を加えさせました

 しかし、午後4時になると仏軍は砲撃をものともせずデ部落に対し攻撃を仕掛けて来ましたが独ポンメルン兵は冷静に銃撃を行って仏兵の突撃を粉砕し、第21連隊兵は逃げる敵を追って敵の防衛線間近まで追撃するのでした

この動きに仏軍も独軍左翼(東側)を包囲しようと機動しましたがこれもデ部落から激しい銃撃を浴び断念するしかありませんでした

この間、ケットラー将軍はデ部落の占領を確実にするため増援として第21連隊の第10中隊をデに送りこんでいました

 一方、クロージク少佐率いる第2縦隊は行軍中仏の臨時護国軍兵や義勇兵の小集団に次々と遭遇しますが、全て簡単に退けて進みます