パチスロ 交響 詩篇 エウレカセブン 2

パチスロ 交響 詩篇 エウレカセブン 2

あなたも好きかも:dungeon warfare スロットマシン
このまま時間が過ぎれば有利なのはこちら――「危ないっ!」 突如先輩が私を後方へと突き飛ばす

視線で自分のいた場所に巨大な岩が降り注ぐのが見えた

敵が後衛から放り投げた!?落下物なら弓矢と同じように認識できたはず

それができなかったということは、この岩がありえない速度で降ってきたということになる

「あ、ありがとうございます先輩!でも、これは!?」「奴だ、あそこにいるゴブリンが岩を上空から投げつけてきやがった!」 先輩の視線の先、他のゴブリンよりも一回り以上大きなゴブリンがいた

装備も他のゴブリンに比べ質が良く、それに感じられる魔力も上級以上に高い

「ユニーククラス……!」「人間の陣形一つ崩せないとは、我が軍勢ながら情けない

魔王様より与えられた力に理性を失い、力を奮うことしかできぬ愚図どもめ

敵陣を崩すとはこうやるのだ!」 ユニーククラスのゴブリンが地面へと手をかざす

すると地面が隆起し、奴の手元に巨大な岩が生成されてゆく

あなたも好きかも:キャンディクラッシュ ルーレット
あのユニーククラス、魔法も使えるのか!こちらの武装に魔封石があることを理解し、物体を生成した上で攻撃に利用する

あなたも好きかも:ロビンフッド・シフティング・リッチーズ
知恵もかなり高そうだ

「ケイール、くるぞ!」「は、はい!」 ユニーククラスのゴブリンが生成した岩をこちらの陣に向けて投げつける

その速度は放たれる矢よりも早く、まともに受けることは避けなければならない

遠距離の攻撃故に騎士達の反応速度ならギリギリ回避できるが、陣形が大きく崩れていく

「どうした人間ども!ご自慢の几帳面な陣形が崩れているぞ!ハハハッ!」「くそっ、この程度の岩!」「馬鹿、やめろケイール!」 飛んでくる岩に対し、剣を盾に受け止める

土魔法を使った岩ならばそこまでの硬度は――重いっ!?剣が折れ曲がり、勢いをほとんど殺せないまま岩が体へと直撃する

私の体は全身への強い衝撃と共に浮き上がり、後方へと吹き飛ばされた

岩は少し手前に落ちたものの、吹き飛ばされた勢いのまま地面に叩きつけられる