オッケー パチンコ台

オッケー パチンコ台

ミズキ様もリーダ様も、ノアお嬢様も、みんなでお世話してるでち」「それなら、大丈夫じゃないのかい?」「でも、食欲がなかったり、ちょっとお疲れさんだったりするのは、あたちでないと分からなかったでち」 レーハフさんの質問に、コクリと頷いて話を続けるチッキーを皆が見ていた

 もしかしたら家畜の体が弱いのは、ノアが持つ呪い子としての力が影響しているせいかもしれない

 だとしたら、普段より世話は難易度が高い話になる

 そもそも、オレ達は家畜の体が弱かったのすら気がついていなかった

「つまりだ

チッキー、お前は家畜が心配で、世話を投げ出したくないわけだ」「はいでち……、病気は辛いです

あたちは、お嬢様にお薬もらえたからいいけれど、家畜はそうでないでち」 自分の言葉を聞いてもらえているという安心感からか、返答するチッキーの声ははっきりとしたものになっていた

あなたも好きかも:パチンコ 台 買取
そして視線は、しっかりとレーハフさんを見ていた

あなたも好きかも:hotd スロット 初代
 レーハフさんはというと、その様子を真剣な顔で聞き、チッキーの顔をのぞき込むように見返している

 しばらく無言の時間がすぎた

あなたも好きかも:ネギま パスワード パチンコ
「気に入った!」 さっきまでの仏頂面が嘘のように、楽しそうな笑顔のレーハフさんの大声が響く

 チッキーは何を言われたのか分からないかのように、ヨタヨタと後ろによろめいた

「レーハフ様?」「そうだな

職人でも、そうでなくても、途中で投げ出すのはよくないな

しかも、自分のやるべきことを見据えた答えじゃねぇか」 感動したのか、途中から鼻声でしみじみとした風にレーハフさんが感想をもらす

 しばらくして、自分が認められたことに気がついたのかチッキーが笑顔になった

「あの、でも、おいら達が勝手に決めて良いことじゃ……」 そんな中、トッキーが恐る恐るといった風に、ノアを見て、それからオレを見た

 もともと大工仕事のために、兄妹3人が買われていることを気にしたのだろう