パチスロ akb48 2

パチスロ akb48 2

 その姿に、傍に立つ立花も弥生も、そして岡崎も怪訝に眉を寄せた

あなたも好きかも:スロット 艦載機
――ただ、真琴と橋田は冷静に窺っている

 勇美は頬を膨らませて一平を軽く睨み上げた

「やめなよ

嫌がってンだから

無理矢理なことしないでよね」 不快に制され、一平は「……は?」と目を見開いてキョトンとした

「無理矢理て……、何言うとン?」「ユーキは嫌だって言ってるの」 「もうっ」と、勇美は口をへの字に曲げ、優樹の袖を掴む手を叩き落とす

一平は戸惑いながら手を下ろし、目を泳がせ優樹を見下ろした

「……なん、……へ? な、なんや? どないしたんや?」 訳がわからずにうろたえ出す一平を見かねてか、立花は鼻から深く息を吐き出し、俯き泣いている優樹の頭を睨んだ

いつまでメソメソしてンだよ」 呆れと苛立ちを混ぜて声を掛けるが、その瞬間、弥生がキッと睨み上げた

「もっと優しく言えないんですか?」と怒るような目で

 立花はチラッと窺い、分が悪く目を据わらせていたが、間を置いて深く息を吐いた

あなたも好きかも:パチスロ 2 号機
「……もう終わったんだ

……一緒に行くぞ」 横からクシャと頭を撫でるが、優樹は微動だにしない

 ――何かがおかしい

 生美は戸惑う華音と顔を見合わせ、心配して近寄った

「……優樹?」 そっと声を掛けた途端、優樹はビクッと肩を震わせ、同時に激しく息を詰まらせて今まで以上に啜り泣きだした

 生美は困惑したが、「これはただ事ではない」と思い、立花たちの傍まで歩み寄って優樹に手を伸ばした