7月7日 スロット

7月7日 スロット

それを灯り代わりにしてミンティアは先へと進んでいく

「行くのじゃ

妾は……妾は王族

あなたも好きかも:マイケルジャクソン スロット 打ち方
この地を護る者

あなたも好きかも:マナ スロット モンスト
爺が思わせ振りなことを言っておったし、きっと先に何かがあるはずなのじゃ」『はは、切り替えの早い子だね

あなたも好きかも:鬼武 者 パチンコ 甘
ああ、懐かしいな

この感じ』「む、声が聞こえた?」 ミンティアが突然聞こえた声に眉をひそめ、通路の奥を見た

その先に光が差したのが見えたのだ

もっともそれは普通の光ではなかった

まるで包み込むような白き輝きにミンティアが目を丸くする

「な……んじゃ、これは?」 そして、ミンティアは声に導かれるようにゆっくりと足を進めていく

 その先に何か、或いは誰かがいるとミンティアの魂の奥にあるモノが訴えていた

ここは墓であるな

霊廟なのだから当然ではあるが」 それからミンティアが進んだ先にあったのは、誰かの墓であった

そこに乗せられていた一振りの剣から光は発せられていたのである

「剣? 翼を重ねたような……ほぉほぉ

中々に素晴らしき一振りであるが

うわっ!?」 驚くミンティアの前で剣はスッと宙に浮かび上がり、それから剣の中より声が響いてきた