初代 パチンコ北斗

初代 パチンコ北斗

声にも疲れが出ている気がする

 ……何かあったのかな? お母様や養母様とお茶会の約束をした後、わたしはリヒャルダと護衛騎士達と共に一度部屋に戻った

そして、衣装を変えた後、養父様の執務室へと向かう

あなたも好きかも:パチンコ 停電 復旧 時間
 養父様の執務室には養父様とお父様と神官長が待ち構えていた

あなたも好きかも:パチンコ データランプ 点滅
お説教タイムの開始だ

こめかみをトントンと軽く叩きながらわたしを睨み、最初に口を開いたのは神官長だった

「ローゼマイン、君とはまず平穏という言葉の意味から擦り合わせていかねばならぬようだ

君にとっての平穏とはどのようなものだ?」 お説教タイムの開始かと思えば、そんな質問から始まった

肩透かしを食らった気分だが、わたしは真面目に「わたしにとっての平穏」を考える

「図書館に籠って本を読める毎日です

この呼び出しがなければ、わたくしの生活は平穏そのものだったのですけれど」 やっと講義が終わって、わたしにとっての平穏な日々が訪れたところなのに、強制送還だなんてひどすぎる

あなたも好きかも:sacred seven パチスロ
わたしの図書館と読書時間を返して、と不満を漏らすと、養父様が深い溜息を吐いた

「こちらも呼び戻したくて呼び戻したわけではない」「ローゼマイン、何故呼び戻されたのか、わかるか?」 お父様に問われて、わたしは頬に手を当てて考えてみた

自分の中で失敗したと認識しているのは、水鉄砲で天幕に穴を開けてしまったことと、本好きのお茶会で周囲を凍らせてしまったことと、お茶会の主催でありながら意識を失ってしまったことだ

でも、水鉄砲の改良に関しては特にお叱りのお手紙もなかった

「呼び出しを受けた時期がターニスベファレンの直後だったので、勝手に出陣して倒れてしまったことが原因かもしれないと考えています

どうでしょう?」「……かもしれない、というのは何だ?」「よくわからないのです

自分の何が悪いのか

今年は去年に比べると、わたくし、あまり叱られるようなことはしていませんよね?」 首を傾げていると、保護者三人が揃って溜息を吐いた