瑞鶴改二甲 スロット

瑞鶴改二甲 スロット

 あの時のローシェンナの言葉

全部が演技だったとは思わない……

そうであったのなら、俺だってあそこまで振り回されはしなかった……と、思うし

「……どこかで時間ができたら、マルもロジェ村に行ってあげなよ」「ええぇ、僕を森にやってどうしようっていうんです? 森の中を徒歩で移動なんてしたら、絶対道中で野垂死にじゃないですか」 じゃあ雪深い北でどうやって生き延びてたんだよお前……

あなたも好きかも:ブック メーカー 両建て
 ちょっとそう思ったものの、学舎での遠征実習や進級試験の時みたいに、破格の料金を支払って体力自慢の者たちに背負ってもらってたのかなと思った……

 まぁ、どんな手段であれ、目的地には到着したから、合格は合格なんだよなぁ……

 サヤは半時間ほどで戻った

ゆっくりしたら良いのに、結局急いだようだ

 だけど、丹念に洗われた黒髪は、輝かんばかりに艶めき、頬も薔薇色

本日はもう仕事もないということで、従者服ではない、普通の女性の装いに着替えており、それも久しぶりで新鮮

 随分と長くなった黒髪を、緩く編んで左肩から流している姿が、なんだかこう、大人っぽくてつい見惚れていたら、早くお風呂に行ってくださいと追い払われてしまった

 しょうがないなぁと思いつつ、俺たちも風呂を堪能させてもらい、長旅の疲れを湯に流す

あなたも好きかも:私はもっと嬉しかった ブラックジャック
 大人三人が一度に入れるほどの大きさなので、ハインが俺の世話ついでに一緒に入るのが、拠点村に移動してからの習慣

「あー……久しぶりに浸かるとやっぱりいいなぁ……」 手足を伸ばして湯に浸るって、ほんと贅沢……気持ちが良い