高砂電器産業 スロット

高砂電器産業 スロット

 上手くコピー出来たら、私たちに勝てるかもよ?」俺はその瞬間に、我に返る

同時に真っ黒な瘴気は憎しみと共に消えていった

ドルナジャはマロンの顔でホッとして「ああ、良かった

危なかったわ

 こんなところで、あなたが正気を失ったら 今までの旅が、全部、台無しになっちゃうって」と俺の手を引いて、後ろに下がらせて耳元に「やらせてあげましょうよ

 面白いものが見られるはずよ」とそう小声で言ってくる

あなたも好きかも:ザシェフ ブラックジャック
無事にリンドバーク帝国領内に着いた俺たちを迎えに現れたのは、意外にもマヒロだった

 意外――というのは、なぜかマヒロにとことん嫌われているからだ

あなたも好きかも:ブラックジャック ova 2ch
 無人島でチヒロを背負って現れてからというものの、目の敵にされている

あなたも好きかも:スロット 夢
「よう、マヒロ! 元気にしてたか?」「……」「そういえば、チヒロのやつはここには来ていないのか?」「こんな危険なところに連れてくるわけないでしょ!」 話し掛けても無視

 チヒロの話題になると応えてはくれるが、殺意付きで一蹴され、終了

 いつも通りだ