相撲 スロット

相撲 スロット

わかったから、そんな……、げ、元気出して……」《うん

じゃあ放課後は真っ直ぐ家に帰るように》 ――やはり演技か

 コロッと変わった声色に優樹は目を据わらせ、深く息を吐いて肩の力を抜き、そっと足下に視線を落とした

あなたも好きかも:入金 不要 ボーナス カジノ
「でも……ホント、そんなに心配する事じゃないよ

……洋ちゃんたちがなんとかするって言ってるし

……私、何も出来ないし……」《何も出来なくていいんだよ》「だ、駄目だよ、そんなの……」《ううん

それでいいんだ》 優しく宥められ、優樹は悲しげに眉を寄せて俯いた

「でも……」《優樹?》「……う、ん……」《なんでも完璧に出来る人なんて、いないよ》 落ち着いた声色に耳を傾けながら、優樹は少し眉間にしわを寄せてゆっくりと目を泳がせた

あなたも好きかも:麻雀ゲーム ランキング パソコン
《そんな人はいないし、いなくていいんだ

……完璧な人がいたら、そんなの、悲しいだろ?》「……、悲しい?」《完璧なのは、一人だから

一人でなんでもやらなくちゃいけない

……他の人を頼ることなく自力でやり遂げなくちゃいけない

あなたも好きかも:エヴァ スロット 演出
そんなの悲しいし、かわいそうだよ》「……」《優樹は何も出来なくていい

……オレがいるから》 ――傍にいたときと同じような優しい気配に、思わず鼻の奥がツンと痛くなった

「うん」と頷いて、全てのことを投げ出そうと思った

 けれど、そうすることは出来ない

 がんばって踏ん張らなくちゃ、という気持ちが強すぎて、口から出たのは「……でも」とためらう言葉