蒼天 の 拳 スロット 初代

蒼天 の 拳 スロット 初代

 本当に、似合ってるし綺麗だよ……ただ…………サヤのそれは、俺には花嫁姿かと思えてしまって……その……ごめん…………」 黙っていたら、誤解を招きそうで、それも怖くて……

 直視できないのは、そういう理由で、サヤが悪いんじゃないと、正直に伝えた

 三年先だと決めているのに、気持ちが揺さぶられて、決心が鈍ってしまいそうで、怖いのだ

 だのにサヤは、別のことに驚いた様子

「お、覚えてたんですか⁉︎」 半年以上前に、チラリと話しただけのことを、覚えていたのかと……

「そりゃ覚えてるよ

 サヤと話したことは、だいたいなんだって全部、覚えてるよ……」 忘れるわけがないではないか……

あなたも好きかも:スロット デビルマンカイ
 うっとりと、記憶の中の花嫁姿に頬を紅潮させていたサヤは、とても麗しかったのだ

 だから今の姿が俺にとっては……

あなたも好きかも:ブラックラグーン2 スロット 天井 期待値
サヤの憧れる花嫁姿を、正しく知らない俺にとっては……、本当の花嫁に、見えてしまう……

あなたも好きかも:スロット 検定とは
「ち、違うんですよ⁉︎ 花嫁は全身白なので、こういうのじゃなく……!」「分かってる

白いドレスに白いブーケ

装飾品も白で、頭にはヴェール……って言ってたろ?」 ドレスが礼装であることは分かってる

ブーケは花束だって言ってた、ヴェールが薄絹のことだよな

 なら、今のこの姿で、首飾りを真珠に変えて、花束を握らせ、陽除け外套を纏ったサヤは…………

 そう考えると、胸が高鳴った