マリ嬢 スロット

マリ嬢 スロット

「遺灰は……どうしたいですか?」 心臓がキュ~ンと締め付けられるような感覚

それを振り切るように、搾り取ったような声で訊く

あなたも好きかも:仮面ライダーブラック スロット メニュー画面
「うん」 視点の合わない目は動かず、軽く瞼を閉じて、やっぱり薄く笑った

「マスター

カメラ様は、棺に遺品も一緒に入れて、燃やしてほしいと仰りました」「遺品?」 グラスメイドが話し掛けてきたので、その遺品とやらを確認する

余りに場違いな、ある意味ではカメラらしい品に、シリアスな気持ちが飛んで、思わず苦笑してしまう

タ(・)グ(・)を見なくとも、それはレックスの作った品物だとわかったから

「ぶれないですね、カメラさん」 カメラは、薄く笑ったままの表情を変えなかった

浅い呼吸は、眠っているようでもあり、そのまま逝ってしまうようでもあり……

『黒魔女ちゃん』「はい?」「……………………」 口だけが動いて、それは、ありがとう、と聞こえた

――――王国暦129年12月25日 19:19、ドワーフ型形質五番型ホムンクルスである、デジタル・カメラが息を引き取った

あなたも好きかも:パチンコ リング 呪いの7日間2 サプライズ
【王国暦129年12月25日 20:45】「旅立たれてしもうたのやな……」 村の中央部は広場になっていて、貯水池のほとりでもある

そこにキャンプファイヤーのごとく、間伐材で櫓が組まれ、煌々と炎が上がっている

その中には、すでに『浄化』したカメラの死体が入った棺が安置されていた

 天まで届きそうな高さの炎の先から、徐々にカメラが空に飛んでいっているような、そんな気になる

見送ってやってよ」 イフリートによる炎は十分に制御されたもので、棺と、その中に入れてある下着も一緒に燃えている

 村民が総出で炎を――――カメラを見送ってくれた