まあさ スロット

まあさ スロット

むしろ、極力そういう場にはセツナを呼ばないようにしていた

セツナには、戦いに集中してもらうほうがガンディアのためになる

 だからこそ、ナーレスは意地悪な問いをした

あなたも好きかも:パチンコ 陰陽師
「セツナ様は、もしガンディアとアバードの関係が拗れるとなれば、シーラ姫を切り捨てる覚悟はございますか?」「それは……」 セツナは、険しい顔をした

あなたも好きかも:スロット メフィスト 価格
表情がころころと変わるところは、見ていて面白いといっていいのかもしれない

ナーレスの周囲には、常に仏頂面をした軍人か、優雅に振舞っているつもりの貴族しかいないといっても過言ではなく、セツナのように感情の赴くまま表情を変化させる人間は稀といってよかった

メリルに癒やされるのは、それもあるのかもしれない

「難しい質問ですね

俺は、彼女を見捨てることなんてできません

しかし、陛下が望むのなら、そうするでしょう」 セツナが断言した

苦渋に満ちた表情だ

しかし、目は澄んでいる

「陛下が望むのなら、ですか」「俺は陛下の矛ですから

陛下が望むのなら、だれだって殺しますよ」 彼の言葉に迷いはない

(恐ろしい目だ

恐ろしく、哀しい目) ナーレスは、セツナの目を見つめながら、恐怖を感じずにはいられなかった

幾多の戦場を経験し、数多の将兵を死に追いやってきたナーレスでさえ畏れを覚えざるを得ないのは、それだけセツナのなしてきたことが尋常では無いからだ

 紅い目

血のように紅く、暗い輝きを宿した瞳